オーダースーツ、オーダーシャツ、オーダーネクタイの魅力

洋服

洋服には、カジュアルに着れるタイプのものとフォーマルに着る事ができるタイプがあります。
フォーマルに着る洋服は、結婚式等の式典やオフィス等で着る事ができます。
カジュアルに着るタイプのものは、日常生活において着る事ができます。

これらの日常生活の場においても、フォーマルな場や仕事の場面においても着れるものがあります。
それが、スーツです。
スーツこのように、着こなし方によっては幅広い場面で活躍する洋服です。

そして、このスーツは店頭で販売されているものを購入して手に入れるだけでなく、自分で作る事もできます。
自分で作るタイプのスーツを、オーダースーツといいます。
オーダースーツは店頭で購入するスーツと比べて、自分の好みや要望を活かしたスーツである事が特徴です。

タイプ

order

オーダスーツには、大きく分けて3つのタイプが存在します。
それは、フルオーダータイプ、パターンオーダータイプ、イージーオーダータイプです。
このように、一口にオーダースーツといっても3つの方法によって作る事ができます。

これら3つの作成方法は、それぞれの特徴があります。
例えば、フルオーダータイプの場合は、1からスーツをオーダーによって作る事が特徴です。
1から作るという事は、生地を裁断する為に必要な型紙も1から作るという事です。型紙は、オーダーした者の体のサイズに合わせて作ります。
ですので、最もオーダーした者の体にフィットしたスーツを作れる方法であると言えます。

イージーオーダーやパターンオーダーとは、既に出来上がっているものに対して加工をする方法になります。
イージーオーダーの場合は、もともと存在するスーツをベースとして加工します。
パターンオーダーの場合は、いくつかの型紙の中から最もオーダーした者の体型や好みに合うものを選んで作る事です。

料金

suit

オーダースーツのように、オーダーによって作れる服は、スーツだけに限りません。
それは、オリジナルTシャツやオーダーシャツ等があるように、Tシャツやシャツもオーダーによって作る事ができます。

オーダースーツを作る際に必要となる料金ですが、これはオーダー方法によって異なります。
オーダー方法がフルオーダータイプだった場合、その料金は20万円以上となります。
それに対し、イージーオーダーの場合は5万円から20万円となり、パターンオーダーに関しては3万円から5万円程で作る事ができます。

フルオーダーに掛かる料金は、数十万円となる事が一般的です。
しかし、費用が高くなる分、世界に1つだけの自分専用スーツを作る事ができます。
また、パターンオーダーやイージーオーダーの存在によって、オーダースーツはお手頃な価格で作る事ができるようになりました。
オーダースーツと聞くと、一見高いというイメージを持つ方が多いです。
しかし、このように数万円程度の価格で作れるものもあります。


hotnews

necktie

店舗

冠婚葬祭や仕事の場面で必要となるのが、ネクタイです。ネクタイは、今や多くの店舗によって販売されています。その店舗…続きを読む
shirts

サイズ

衣類は既製品を購入して着るだけでなく、自分で作って着る事もできます。自分で作って着る事ができる衣類には、Tシャツ…続きを読む

recommend

店舗

necktie

冠婚葬祭や仕事の場面で必要となるのが、ネクタイです。ネクタイは、今や多くの店舗によって販売されて…続きを読む

サイズ

shirts

衣類は既製品を購入して着るだけでなく、自分で作って着る事もできます。自分で作って着る事ができる衣…続きを読む